こんにちは、樹咲(@RiyokoKisaki)です。

そろそろ私の花粉症も終わりの頃かな…?とまだかなまだかなとちょっとソワソワしております。

さて間を開けつつ書いてきた伊勢志摩旅ブログもあと2回ほどで終わりの予定です。

ここまでお付き合いくださっている皆さん、ありがとうございます!第6弾はこちら

鳥羽水族館の後シェルレーヌを購入し、電車に乗って賢島方面へ。

鵜方駅で降り、直通バスで志摩スペイン村に向かいました。

またまたしつこいですが、志摩スペイン村も直通バスもまわりゃんせの範囲内。

すごい、どれだけお得なの…と唸ってしまいます。

もう夕方に差し掛かろうという頃に到着。

お昼はまだだったので、軽く腹ごしらえです。

エビのフリッター、さくっとビールに合いました!

平日の夕方付近ということもあり、園内はちょっと寂しい雰囲気が漂っておりましたが…

建物と広さで異国感たっぷり。良い雰囲気を感じられました。

スペインといえばドンキホーテとサンチョパンサ。

ちょっとおマヌケな二人のやり取り、子ども心に笑い転げた記憶があります(*^.^*)

教会や通りなど。

空も広く周りに「日本」を感じる建物もないため、なんだか本当に海外の田舎町に来ているみたい…!

日本史好きの方と、服飾やアイテムが好きな方にぜひ訪れて欲しいな、と思ったのはハビエル城博物館。

こちらはフランシスコ・ザビエル(ハビエル)が生まれた村近くのお城だそうで、中にはスペインの歴史や文化の展示資料館になっています。

最初に、旧石器時代の洞窟「アルタミラ洞窟」の壁画の実物大レプリカ展示をどうぞ。

世界でたった3つしかない実物大レプリカだそうです。

特にスペインといえば戦国時代、伊達政宗公の命を受けて日本から旅立った支倉常長ら慶長遣欧使節や、九州のキリシタン大名の名代として派遣された天正遣欧少年使節を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

彼らの歴史にも触れられており、現代から遡るとかなり古い時代の『日本人の足跡』も辿ることができます。

支倉常長公は検索すると肖像画をみられるかと思いますが、まだ写実的な絵画というものが日本では描かれていなかった時代に描かれている、恐らく唯一ではないかと思われるリアルな肖像画が遺されていて、「ああ、本当にこんなお顔だったのだろうなあ…」と感じることができます。

幕末などもそうですが、写真などで「リアル」にお顔を想像できると、一層過去の人物が身近に感じられるようになってきますよね。

またスペインのバレンシアの台所や仕事部屋、ドレスなどが展示されており、とっても素敵なのです!

台所、とってもかわいい…。

時間がたっぷりとあったら隅々までじっくり見たいスケッチしたい…そんな光景でした。

こんな風にリアルな大きさや雰囲気を感じられる展示は本当に良いですよね。

屋上からはローマの遺跡が望めます。

うーん、異国感!

船があったり、他にもメルヘンチックなアトラクションに乗ってみたりしました。

氷の城を楽しみにしていたのですが、この日は平日だからか冬だからなのか、やっておりませんでした…!残念…!

氷詰めのひまわりや、氷のベッドなどが楽しめるそうなのですよ。

氷のベッド日常ではまず体験することができないので、寝転んでみたいです…!

さて、ここでスペイン村で購入したお菓子をご紹介です。