桜が…桜が見たい!

スマートフォンの写真フォルダにはほぼ食事と旅行と桜の写真しかない樹咲(@RiyokoKisaki)です。こんにちは。
前回まで隔週水曜日更新しておりました京都マガジンですが、仕事の都合により今月より京都マガジンの更新を隔週木曜日にさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!

皆さん、桜、ご覧になられましたか?
例年より平均1週間早く咲いた桜、しかも暖かい日が続いたのでゆったりとお花見をされた方も多いことでしょう。

以前桜の時期に行ったのが4月の頭、今年も行けそうかな、恐らく行けるのではないだろうか…と思い予定していたのですが見事に開花時期がズレてしまい、葉桜になってしまっているのかなあ…と残念に思っておりました。
桜は咲いた後、雨が降ったり強風が吹くとあっという間に散ってしまうので紅葉以上に予定をたてるのが難しいものですよね。

しかし、桜はソメイヨシノだけじゃない!

ということで今回は文章は少なめに、京都で見てきた桜の写真の数々をお届けしたいと思います。時期は難しいですが、ソメイヨシノの後もこんなに楽しめるポイントがあるんだ!と来年以降の参考にしていただけたら幸いです。
(強い雨に降られてしまったので、写真の色味が難しくあまり綺麗に撮れなかったのが個人的にとても残念ですが…><)

王道、御室仁和寺の御室桜。

王道、仁和寺の御室桜です。ちょうど行った前日に満開宣言がありました。
御室桜は背が低く、花が咲いている部分だけが土から顔を出している状態です。視界はどこまでいっても桜。

桜の花に囲まれている、というのはとても幸福な気持ちになります。

また桜は香りがあまり強くないイメージなのですが、これだけ密集しているとほのかに香ってくるものが…。“桜の香り”を感じられるのは初めてでした。

御室仁和寺

参拝時間 9:00~16:30 / 9:00~17:00(季節により異なる)
アクセス市バス「御室仁和寺」すぐ / 京福電鉄「御室仁和寺駅」徒歩3分
ホームページhttp://www.ninnaji.jp/

龍安寺で味わう、桜と青紅葉。

石庭で有名な龍安寺には、石庭から見えるしだれ桜や本堂へ入る前のしだれ桜、周囲にはソメイヨシノなどがあります。

枯山水から一本だけ見える桜が、これまた日本の侘びさびを表現しているようですよね…。

また、こちらは青紅葉もお見事。5月頃には藤棚も美しいのですよ。

龍安寺

参拝時間 参拝時間 8:00~16:30 / 8:00~17:00(季節により異なる)
アクセス市バス「立命館大学前」下車徒歩7分 / 京福電鉄「龍安寺駅」下車徒歩7分
ホームページhttp://www.ryoanji.jp/smph/

妙心寺退蔵院、陰陽の庭と桜のカーテン。

こちらは見事なしだれ桜を挟み、陰の庭、陽の庭が対称になっております。門をくぐった時に思わず「わぁっ」と言ってしまうような美しさ。
この見事なしだれ桜がそれぞれの庭にカーテンのように垂れ、この時期だけの光景を見ることができます。

妙心寺退蔵院

拝観時間拝観時間 9:00~17:00
アクセス市バス「妙心寺前」下車徒歩3分 / 京福電鉄「妙心寺駅」下車徒歩10分
ホームページhttp://www.taizoin.com/

立本寺、はんなり味わうしだれ桜。

地域に根付いたお寺です。
静かな境内に咲くしだれ桜が美しゅうございました。

立本寺

備考境内無料、庭園拝観は予約が必要
アクセス京福電鉄「北野白梅町」駅下車徒歩15分
ホームページhttps://meguru-kyoto.com/ryuuhonji/ (※音が出ます)

美人だらけの千本釈迦堂。

年末の大根炊きでその名を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか

こちらにはブーケのようにまあるく固まって咲く「普賢桜」や、おかめ塚に因んだ「おかめ桜」が美しく咲いておりました。

千本釈迦堂大法恩寺

参拝時間9:00~17:00
アクセス市バス「上七軒」下車
ホームページhttp://www.daihoonji.com/

宝石のような美しい桜空間。雨宝院。

知る人ぞ知る桜の名所だそうです。私も初めて訪れ、小さな境内の天井を覆うように咲き誇る桜に感動しました。桜がまるで雪のように降り積もって、色とりどりの椿と競演していました。
いつまでも居たくなる場所です。