こんにちは、樹咲(@RiyokoKisaki)です。

旅行記、たくさんの方に読んでいただけて嬉しい限りです。ありがとうございます!

さて今回は1日目のお宿いにしえの宿 伊久のご紹介。

こちらはリゾートホテルを展開している共立メンテナンスグループのお宿です。

選んだ理由は、何といってもその立地。

第2弾では外宮・別宮・内宮をたっぷり周ったことを書きましたが、伊久は内宮まで徒歩約15分ほど。

閉門ギリギリ(2月は18時)まで内宮参拝してすぐに宿へ、とできるのが魅力的です。

勿論早朝参りにもとっても便利な宿ですよ。

玄関はこんな感じ。

皆さん、何か気付いたことはありませんか?

そう、しめ縄が飾られています。

伊勢では、宿だけでなくお店や住宅にもしめ縄が飾られていました。

最初は、旧正月ということで飾られているのかな?と思っていたのですが、どうやらそうではない様子。

須佐之男命がおもてなしに大変喜び、御礼に茅の輪を与えたことが由来となっているよう。

1年中ずっと飾られるのだそうです。

詳細は、下記リンクをご覧くださいね。

https://www.isemiya.com/products/list.php?category_id=11

お部屋の中にはこんな風に可愛らしく、かつ神様を感じさせられるような飾りがありました。

宿の中のあしらいも、いろいろとお洒落です。

伊久さんの夕食タイムは17時半と20時。

20時組には夕食までの間に『おしのぎ』タイムがあります。

ちょっとだけ小腹を満たす、可愛らしいアツアツの天むすとお茶がいただけますよ。

さて、お楽しみのお夕飯。

前菜から目に美しいお膳の登場です。

思わず「わ~!」と声を上げてしまいました。

神饌を模しているのでしょうか。鮮やかで新春を感じるような前菜でした。

鰯の梅煮やこごみ、松前漬けなど。

この松前漬け、繊細で透明で美しかったです!

お刺身には土佐醤油と煎り酒が登場。

煎り酒といえば江戸調味料。

私が以前聞いたことがある&いただいたことがあるのは日本酒と梅干しを煮詰めたもの(と説明された)でしたが、こちらは日本酒に鰹節を煮詰めたもの。

白身魚にスッキリと合い、まろやかで美味しゅうございました…!

印象に残った一品。

鰆の柚庵焼きと、柿バター。

この柿バターがまた美味しいのなんの…!お酒が進んでしまいますよ?!

三重県と言えば!松阪牛!

こちらは選べるメインメニューの中の一つなのですが、夕食会場に着いた途端あちこちから香ってくる美味しそうな匂いに、他の選択肢はありませんでした!

とろけました。

以上です。

柔らかさが違うなーと…美味しい脂って本当に美味しいんですね…!

名物だらけの伊勢。

こちらは手こね寿司。

もう結構お腹いっぱいになっていたので食べきれるかなーと心配していたのですが、酢飯ってペロリと入ってしまいますよね。

漬け鮪とゴマと酢飯…最強です。

もちろんこの他にも何品か出まして、いずれもちょうどよい量とタイミングで本っ当に美味しかったです。

お部屋には自分で挽いて入れることができる珈琲が準備されていました。

豆から挽くって香りが違うのでいいですよね。家では既に挽かれているもので飲むので、自分でガリガリとやるのも楽しかったです。

ちょうど4杯分あって、夕食後と朝食後にゆっくりと楽しむことが出来ました。
 

他にも夜鳴き蕎麦があったり、お風呂上りにアイスキャンディーのサービスがあったりと至れり尽くせり。

トロリとした泉質も私好みで、ヒノキの方では香りも楽しみながら温まりました。

『あー…休日!』とほっこりいたしました。

そしてそして…夜、晴れていたらぜひともオススメしたいのが月見台。

充電器は持っていったのに肝心のカメラ本体を忘れてしまったのですが(涙)、周囲に高い建物や光害となるものがない伊久の月見台からは、星空アプリでそのまま見えるような満点の星々を眺めることができます…!

普段そんなに星見とかしないよーという方もぜひぜひ。

その星の多さに驚かれると思います。

和朝食。朝食が丁寧なものだと本当に幸せな気分になります。茶粥も嬉しい。 ちなみに早朝参り前に体を清められるようお風呂はいつでも入れますし、4時半~5時半の間には伊勢の伝統食である『かたぱん』とコーヒーがいただけるそうです。 

内宮近辺は夕食を食べるところが殆どなさそうなので、かつ公共交通機関を利用している場合には夜の移動はバスの本数も限られ大変だと思うので、早朝参りや夕間詰めを考えられている方には伊久さんは本当にオススメです。 

露天風呂から聞こえる森の音など『お伊勢さん』を感じながら、本当に気持ち良くゆったりと過ごすことができました。

 さて、一日目の宿のご紹介はここまで。次回は鳥羽へと移ります。

転載元記事  https://ameblo.jp/kirarinponpon/entry-12357581614.html

Close
TripNote Riyoko.Kisaki

樹咲リヨコによる旅行・グルメのコラムサイト

Thursday, Nov 21, 2019
Social profiles