とろろをいただくという贅沢

皆さん、「とろろ」食べていますか?

あのとろみやシンプルな自然な味。
健康な時にも食欲がない時にも食べられる、ご飯と食べてもお魚と食べても合う「あ~日本人でよかった~!」と感じる食べ物です。

でも、家だと皮をむいてすりおろして…ってめちゃくちゃ大変。
好物なのですが、家では焼いたりザク切りにして食べるのみで、すりおろしてまで食べることは殆どないです。手も痒くなりますしね…。

今回はそんなとろろを堪能できる、東京「浅草むぎとろ」をご紹介します。

脂がのったお刺身も美味♪

スタンダードな「むぎとろ」とワイン、そしてお刺身を注文。

この時はなんだかとっても贅沢をしたい気分で、お刺身も頼んでしまいました。

艶のあるお刺身が二人分たっぷり。

一人だったのでちょっと量が多めですが、脂ののったお刺身は口のなかでとろけていくようでした。

丁寧に仕事された老舗のお味

いよいよ定食登場。いずれも丁寧な仕事をされた逸品だらけです。

一番最初に食べることをオススメされるのは、写真左上にあるとろろを海苔で巻いて揚げたもの。

ふんわりふわふわ、幸せな気分になります。

まだパリッと感が残った海苔がお出汁を吸い…沁み込む~!
ワインともよく合いました。

からだが喜ぶ日本食♪

ほどよく漬かった漬け物に、酢で仕事をされたお野菜など。
この時出た小鉢はジュンサイ。ツルツルでのど越しも嬉しい。

そして体が求めていた、すりおろしたとろろと麦飯で自然の甘味を堪能。

「そうそう、これが食べたかった!」

ああ、和食をいただいたな~と大満足のひとときでした。

シンプルだけど奥深い、丁寧なお食事。
スタンダードな定食に、贅沢な懐石などさまざま。
ランチはもちろん、会食や親孝行など大切な会にもおすすめのお店です。

こんな人にオススメ!

家族夫婦

浅草むぎとろ本店

住所 〒111-0034 東京都台東区雷門2-2-4
アクセス地下鉄銀座線浅草駅 4番出口から徒歩3分
地下鉄浅草線浅草駅 A3出口から徒歩1分
営業時間平日
昼)11:00~16:00(ラストオーダー 15:00)
夜)17:00~22:30(ラストオーダー 21:00)
土・日・祝日
11:00 ~ 22:30 (ラストオーダー 21:00)
ホームページ https://www.mugitoro.co.jp/honten/

訪問日 2019/5/26

TripNote Riyoko.Kisaki

樹咲リヨコによる旅行・グルメのコラムサイト

Sunday, Nov 1, 2020
Social profiles